賃貸において、不動産会社からの提案を受けるとき、予算よりも大幅に高い提案なら、会社を変えます。

狭い賃貸のワンルームで断捨離にハマる

賃貸は提案の仕方で不動産会社を変更

狭い賃貸のワンルームで断捨離にハマる
会社の営業マンの中には、とにかくお客さん本位の人もいれば、会社の売上のため、自分の売上のための人もいます。客からすればもちろんお客さん本位の人に担当してもらいたいのですが、常にそういった人とは限りません。売上のために仕事をする人にあたった場合、売上が上がるような提案をされることになります。それも話し方がうまい人になると、結局それに乗せられてしまうことがあります。あとで考えると無駄だったと思うのです。

賃貸物件を探すとき、不動産会社に行きます。不動産会社でも、お客さん本位の人と売上重視の人がいます。売上重視のつもりでなくてもそうなってしまう人もいます。これは運もあるのです。まずは予算をしっかり伝えます。それに対してどのような提案をしてくれるかです。そんな物件ありませんと突っぱねられるのであれば別をあたったほうが良いかもしれません。立地などを変えてでも何とか探してくれるところです。そうするとこちらも考えなおす余地が出てきます。

予算が5万円ぐらいと伝えているのに、1万円以上高い物件を紹介してくるようなら別のところに行きます。1万円以内の差であれば、それは許容範囲です。中には予算内に収まっているものもありますから、そこから選びます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017狭い賃貸のワンルームで断捨離にハマる.All rights reserved.