賃貸物件で自分流のインテリアを楽しむ為のプチリフォームとは?リフォームを前提とした物件の選びかたとは?

狭い賃貸のワンルームで断捨離にハマる

賃貸なのにプチリフォームオッケー?

狭い賃貸のワンルームで断捨離にハマる
一般的な賃貸物件は入居前の契約時に原状回復についての取り決めがあり、敷金を支払っており、もし入居期間中に室内を改造したりすると退去時には借主の責任において入居時の状態に戻さなくてはいけません。そのため、一般的な賃貸物件ではカレンダーを壁に張るための画鋲の穴一つにも気を使い、リフォームと呼ばれるような行為は厳禁という考えが一般的です。しかし、賃貸派の人も自分流のインテリアを楽しんだり、部屋で個性を現したいと考える事もあるでしょう。そんなインテリアを楽しみたい人にとっては賃貸物件は難しいのでしょうか?

実は探してみると賃貸物件であってもリフォーム可となっている物件もあるのです。特に狙い目なのが、築年数を経た古い物件です。そういった物件では事前に大家の許可さえきちんと取得すれば、ある程度のリフォームを認めてくれる事があります。特に数年で取壊しが決定している物件などは狙い目です。最近のリフォーム雑誌やインテリア雑誌などでも賃貸物件で可能なリフォーム方法を詳しく紹介しているものも多くあります。たとえば古い和室の砂壁もホームセンターで板壁を購入し、砂壁の前に貼り付ければ洋風の壁になりますし、撤去する時の取り外しもできます。跡付けした板壁なら棚を設置したり、釘を打つのも自由です。賃貸でも諦めずにインテリアを楽しみましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017狭い賃貸のワンルームで断捨離にハマる.All rights reserved.